日韓演劇交流センターについて

日韓演劇交流センターについて

2000年4月、日本演出者協会と韓国演劇協会との間で定期的に開催されていた日韓演劇人会議をより広げ深めた形で、日本の演劇関係7団体が参加して発足した日韓演劇交流センターは、韓国演劇情報を年4回発行のニュースレターで紹介することから活動を開始しました。2002年から文化庁の助成を受け韓国現代戯曲を我が国へ紹介することを目的に、5人の劇作家の5作品を翻訳・出版・ドラマリーディングを行いました。隔年での開催とし、4回目からはリーディングの質の向上のため、3作品としました。この企画は韓国でも日本と交互に行なわれ、2016年2月で7回目をおえ、日韓両国の作家をお互いに、35人ずつを紹介したことになります。すでに、日韓の演劇交流も根付きつつあり、民間での交流も盛んになっています。紹介した作家が日韓両国でも取り上げられ上演されていることは大きな成果と言えます。さらなる両国の交流の機会を拡充するためにも、10回を目指して継続しています。

委員会

会長
大笹吉雄(日本劇団協議会)
副会長
西堂行人(国際演劇評論家協会)
坂手洋二(日本劇作家協会)
委員
シライケイタ(日本演出者協会)
松本祐子(日本演出者協会)
鈴木アツト(日本劇作家協会)
夏川正一(日本劇団協議会)
小田切ようこ(国際演劇協会)
林英樹(国際演劇協会)
河野孝(国際演劇評論家協会)
青山眉子(日本新劇俳優協会)
広戸聡(日本新劇俳優協会)
森正敏(日本新劇製作者協会)
事務局長 太田昭(日本新劇製作者協会)
事務局 奥秋圭
専門委員
青木鉄仁(翻訳・俳優)
上野紀子(演劇ライター)
木村典子(プロデューサー)
鬼頭典子(俳優)
津川泉(翻訳)
洪明花(翻訳・俳優)
石川樹里(翻訳ほか)
馬政煕(翻訳・韓国在住)